玄関土間を広く取って収納スペースを充実

玄関の収納は使い道が豊富

一般的な住宅では、玄関に何らかの収納を設置しますが、その収納はそこまで広くない場合が多いです。しかし、玄関の収納は使い道が非常に豊富です。まずは靴箱として使用でき、子育て世代は大人と子供の両方の靴を仕舞う必要があります。教育的には、きれいに靴を収納できた方が良いでしょう。そのため、靴を押し込むことなく、整理整頓ができる余裕がある収納が望ましいです。

また、子育てでは、子どもが自転車に乗ることが多いです。さらに、ボールやスケートボードなどの遊び道具を購入することもあるでしょう。そういった自転車関連の道具や遊び道具も、玄関に収納できた方が良いです。その他にも防災関連の荷物を収納しておくなど、使い道は豊富なので、玄関の収納スペースは広すぎるくらいでも良いでしょう。

玄関が広ければそれだけ収納が増やせる

玄関の収納を増やす場合は、玄関そのものを広くしなければなりません。注文住宅であらかじめ狭く設計していた玄関で、収納スペースだけを広くすると、使用できる土間のスペースが少なくなっていまいます。土間が狭いと、家族みんなで外出する時に、順番に靴を履かなければなりません。また、家族みんなで帰宅した時にも、ひとりひとりが靴を脱いで仕舞っていくという流れになります。疲れて帰って来た後で、そのような面倒な流れをしなければならないとなると、ストレスが溜まるでしょう。そのため、注文住宅で玄関の収納を重視する際には、まずは玄関の土間を広くすることを考えましょう。その上で、土間を圧迫しないように、収納の広さを考えると良いです。